ビタミンCの役割

ビタミンCは、コラーゲンを生成するために欠かすことのできない栄養素です。 コラーゲンには細胞間膜をつなぎ合わせるはたらきがあり、傷の回復や止血作用など重要な役割を果たしています。

ビタミンCが不足するとコラーゲンが不足し、皮下出血や壊血症などを引き起こす場合があります。 壊血症になると皮下、筋肉、内臓などの毛細血管で出血が起こり、貧血症にもなりやすくなるといわれています。

ビタミンCは、この壊血症の研究から発見された栄養素であるのです。 また、コラーゲンには細胞間をつなぐはたらきがあるため、皮膚に張りを持たせて潤いを与えます。

ビタミンCにはシミやそばかすを防ぐはたらきもあり、美容には不可欠な栄養素として知られています。 免疫力の強化にも効果があり、風邪の予防やガンの予防、貧血の予防など、健康を維持する効果が多くあります。

ビタミンCは水溶性のビタミンであり、体内に溜めておくということはできません。 そのため毎日摂取する必要がありますから、食事やサプリメントによって十分に摂取するように心がけましょう。

特にタバコを吸ったりストレスが蓄積された場合にも多くのビタミンCが消費されますので、積極的に摂取することをおすすめします。 熱にも弱いため、調理して温めたり炒めたりするとその量は50%から60%ほどに減少してしまいます。

生で食べることのできる柑橘類、含有量が豊富なブロッコリーやホウレンソウなどを上手に調理すると、効率良く摂取することができます。


● セサミンの副作用について

● ビタミンCの役割

● ビタミンEの役割