ビタミンEの役割

ビタミンEはトコフェロールとも呼ばれ、抗酸化物質としてのはたらきをもっています。 抗酸化物質には、ガンの原因にもなるフリーラジカルからDNAや細胞を守る効果があります。

ビタミンEはビタミンB、Cとともに、抗酸化ビタミンの三大栄養素といわれています。 抗酸化ビタミンは体内の細胞が酸化することを防ぐものですので、肌の老化を防いで若々しさを保ってくれます。

また心筋梗塞、脳卒中、ガンを引き起こす活性酸素を除去する効果があり、悪玉コレステロールの酸化を抑制して血液をきれいに保つ効果もあります。 そのため動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞の予防にもつながるとされています。

そのほか、ビタミンEは脳内の血行を良くすることによって生殖機能の維持改善、女性の閉経後の更年期障害の予防改善にも役立っています。

このようにビタミンEは、健康を維持するために大きな役割を果たしています。

ビタミンEは油脂類ですとひまわり油、なたね油、とうもろこし油、大豆油などの植物性油から、種実類ですとアーモンド、ひまわり、落花生などから摂取することができます。

そのほかにすじこ、いくら、ウナギなどの魚介類やお茶からも摂取することができます。 積極的に接種することによって健康維持、健康管理に役立てることのできる栄養素です。


● セサミンの副作用について

● ビタミンCの役割

● ビタミンEの役割